FC2ブログ

お絵かき好きな子に育てる

これは私が、保育士をしていたときに
実践していた方法です。

「は~い、今日はみんなでお母さんのお顔をかきましょうね~」
こう指示されて、すらすら書き出せる子ばかりではありませんよね。

「お母さんの顔を描く」という今日の活動に入るまでにはいくつかの
「導入」という活動が設定されています。
(導入・・・本格的な活動に入る前に、
 そこにスムーズに入れるように設定する事前の活動)

例えば、一週間前から「お母さん」の歌を教え、毎日歌う
2~3日前からお母さん関係の絵本や紙芝居を読み聞かせる
前日に「お母さんのお顔をよく見て触ってきてね」といっておく                                               画用紙を配る前に「今頃お母さん、おうちで何しているかしら」
とイメージさせる・・など。

そうして、自然に自然に「描きたくなる」ように仕向けるのです。

それでも、画用紙とクレヨンの前で、固まってしまう子もいます。
そんな子には、そっと耳打ち。

「○○ちゃんのお母さんって素敵よね。どんなお顔のかたちだったかしら」
「髪の毛は?目は?」と具体的なイメージをサポート。
小さな丸でも、細い線でも少しでも描くことができたら
「その丸、上手!」「その線、いいわね」とひたすら誉めまくります。

では、どうしても手が動かず、なんにも描いてくれなかったら?誉めようがないじゃない?

そんな時は言うんです。
「あなたのクレヨンが一番素敵よ!」と。

「描きなさい!」ではなくて
「自信を持って!」と伝えてあげてくださいね。                  




キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
子育て育児電話カウンセリング
スマイルルーム
あさくらゆかり

プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る