どろんこの服、どうする?

これは私が、幼稚園教諭をしていたときに
感じていたことです。

水たまりで泥んこ遊び。
やめさせるか・続けさせるか。

保育士によって意見が分かれるところです。

好奇心いっぱいの、いたずらっ子たちの笑顔を大切にしたいと思えば、
お母様方の苦情を覚悟しなければなりません。


お迎えにいらして、どろんこの子供を見た時の
お母様の第一声

「なあに!?このTシャツは!!泥んこじゃないの!!
 あ~~あ~、長靴の中までびっしょり!!
 洗濯もの乾かなくて大変なのに!!
 風邪でもひいたらどうするの~~!!」

言われているのは子供なのに、
きっと半分は、泥んこ遊びを止めなかった
担任の私に言っているんだわ・・・などと思うと
いてもたってもいられません。

そんなこんなで、梅雨時には、私は
学年便りやクラス便りで、ついついお願いしてしまいます。

「泥で水玉模様になった服や靴下をお土産に持ち帰っても
 どうか大目にみてあげてください。
 一緒になって裸足で遊んでいる担任からのお願いです」




キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
子育て育児電話カウンセリング
スマイルルーム
あさくらゆかり

プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る