FC2ブログ

ADHDの彼③激怒

「バーヵバーヵ、、お前それでも人間か?」
「うざいんだよ、消えろよ、地獄に落ちろ」

その日はいつになく荒れていた彼。
朝自習の教室で、クラスメイトの悪口を叫び続けています。
時には友達を名指しで攻撃し
私に注意されてもその10秒後にはまた別の子を名指しで。

教室を歩きまわりながら、手当たり次第に、
いろいろな子の鉛筆や消しゴムを
わざと落としたり投げたり隠したり・・・。


授業が始まると今度は後ろの席の子の机の上に
腹ばいになったまま動きません。

「椅子に座りましょうね」
私が彼のそばに歩み寄り、ささやくと彼はこう言ったのです。

「先生あっち行け!うるさいんだよ」

この一言で私はキレました


担任に「彼と二人で話したい」と個別指導を申し出て、
彼を廊下に引きずりだしました。

「クラスメイトと、私に悪口を言ったことを謝りなさい!!」

廊下の隅に追い詰めて正面から、
ぐっとみつめて詰め寄りますが、彼は逃げ出そうと必死。
私を叩き、蹴飛ばし、つねる、噛み付く。
立場上、反撃できない私は、両腕を壁について彼を囲い、
逃がさないようにして話を続けるしか方法がありません。

「離せよ!」「離さない!!」と、最後は相撲のようになり
二人とも汗だくに。

あ~~よかった、ジムに通っていて!
本気を出したら絶対に勝てる自信があるので
ものすごく強気になれます。

「謝るまでは、逃がさないからね!君はいつもそうだよね。
逃げてとぼければ話が終わると思ったら大間違い!!
私は絶対に許さないから!!!」


戦うこと20分。


言葉の暴力で人を傷つけてはいけないこと、
大人(=教師 =私)に威張ることは許されないこと、
そして「これじゃお母さんが悲しむよ」のダメ押しで
涙ぐみながら「ごめんなさい」と言った彼。

(やった~~~勝利!!)


次の瞬間、二人で見つめあって笑い出してしまったのには、
びっくりしたけれど。
すごくベタな話で、男の子同士が散々殴り合いをしたあとに、
原っぱに仰向けにひっくりかえって
笑い合って仲直り、みたいなのってありますよね?
そんなさわやかさに、お互い照れながら、彼は笑顔で
家族のこと、家で夢中になっているゲームのことなどを話し出し・・・
ひととおり話終えると「さ、教室に戻ろう」と明るく立ち上がり、
あるいていってしまいました。

私は、そんな彼を呼び止めて言いました。
「君が謝ったのなら、この話はこれで、この場でおしまいね。
私も争うことはあまり好きじゃないから
これからはお互いうまくやっていきましょ」

彼は素直にうなづいていました。

だけどこれが、ここで終わらなかったんですね~。
すぐに個別指導の報告を担任にしたところ、
その話がすぐに職員室に!
彼が私に暴力をふるったことに校長・教頭が激怒して、
おおごとになってしまいました。
彼は彼なりに、手加減していたし、反省もしていたので、
彼の暴力については、私としては 
とても控えめに報告したつもりだったのですが・・・

激怒した教頭が教室に乗り込み、クラス中のみんなの前で彼を叱責、
これには彼もだいぶこたえたみたいです。


彼がかわいそうになった私は
昼休みに誰もいないベランダで彼に言いました。

「ごめんね、話はもう二人で済んでいたのにね・・・
言いつけたみたいになっちゃって」
「いいよ、僕も悪かったんだし」(笑顔)

あれ?なんでまた、いつのまにか青春ドラマに??
なんだか照れてしまいました。






彼に向き合う仕事を始めて、1ヶ月がたちました。
勤務を終えて家に帰ると、ソファに倒れこみ、
いつのまにか眠ってしまう。
足が痛くて起き上がれなくらい、疲労していました。


それにしても今だに謎です。
彼は注意欠陥多動性障害なのか、
それともただのわがままな男の子なのか。
専門機関にかからないと判断できないそうですが、
彼の家族の協力が得られないので、謎は謎のままです

発達障害なのかどうなのか・・
その結果によっては、彼に対する指導の方法も違ってくるのに・・・


手探りでがんばるしかないのかな



キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
子育て育児電話カウンセリング
スマイルルーム
あさくらゆかり


プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る