社会に出るまでは、人と仲良くできなくていい

親がわが子に望むことの究極的なことってなんでしょう?

12606282164b23a8f886cb5.jpg


それは「お友達と仲良く」なのではないでしょうか。

勉強も運動もできる子であってほしいけれど、
最終的には、目上の人に可愛がられ、
仲間から受け入れられ、助け合い、
目下の者からは頼られ、信頼される。

そんな人は、日々を笑顔で過ごすことができそうです。
楽しい人生を歩むことができそうです。

だから親たちはみんな「周りの人と仲良くしなさい」と
子供たちに教えます。

そして、幼稚園や保育園、学校で「人間関係トラブル」が
あると知ったら大変!

「なんでお友達と仲良くできないの!?」と子供を責め、
「うちの子をいじめないで下さい!」と周囲に抗議し、
「ちゃんと見ていてくれないと困ります!」と先生にくってかかる。

けれども本当は、子供は社会人になるまでは、
人と仲良くできない時があっても良いと思います。

なぜなら子供時代は
よりよい人間関係の作り方を学んでいる
練習期間だから
です。

子供が、園や学校で、人間関係のトラブルを抱えていることが分かったら
まずは良く話を聞いてあげて下さい。
話が良くわからなくても、話に矛盾があっても、
指摘したり非難したり批判したりせず、黙って聞きます。

そして子供の話がひと段落したら
「よ--し、じゃ明日からどうしたらいいか、作戦会議ね!」と
笑顔で言ってあげましょう。

人間関係のトラブルは大人になってもよくあることだということ、
特定の人とうまくいかないあなたは、決して悪くないのだということ、
どうしたらこの状態から打開できるのか、一緒に考えていきたいということ。

そんなふうに話してあげて下さい。

子供が数日にわたって深く悩んでいる様子でしたら
子供の好きなお菓子を用意して、心をこめてお茶をいれて
「一緒に考えてみない?」と笑顔で誘ってあげて下さい。

この「作戦会議」と「お茶会」、効果抜群ですよ。
ぜひ、試してみて下さい。

キキウェルメンタルヘルスサービス
マザーカウンセリング
子育て育児電話相談室
スマイルルーム室長
あさくらゆかり




プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る