FC2ブログ

飴と鞭でしつける

あなたは学生の時、なぜ勉強していましたか?

1、良い成績をとるとほめられるから
2、悪い成績をとると叱られるから

一番を選んだあなたは「飴」
二番を選んだあなたは「鞭」が有効なタイプです。

人が何か行動を起こす時、
モチベーションが必要です。

飴を手に入れるために頑張るあなたは
「到達欲求型」
鞭を回避するために頑張るあなたは
「回避欲求型」であるといえます。
これはアメリカの心理学者、キリアムが提唱していることです。

もしあなたが「到達欲求型」なのであれば
何かに取り組む時に「ご褒美」について
強く意識すると良いかもしれません。
「これができたらみんなにほめられる」
「これがおわったらおやつを食べていい」
「これがうまくいったら遊んでいい」

もしあなたが「回避欲求型」なのであれば
何かに取り組む時に「罰」について
強く意識すると良いかもしれません。
「これをしないとみんなに責められる」
「これをやらないと後で後悔する」
「これがいうまくいかなかったらすごく困る」

以上のようなことを考えながら
自分について考え、自分自身に接してみること、
また、このような視点で子供の反応を見ることも
時には良いかもしれません。


ただし、どちらも度がすぎるのは考えもの。
「飴がなければ何もしない」
「鞭が怖いからいやいやする」のでは
主体的な人生からは遠くなってしまいます。

ちなみに到達欲求と回避欲求、
両方をバランスよく持ってものごとに取り組む時が
一番良い結果になると言われています。
飴タイプのお子さんには時には鞭を
鞭タイプのお子さんには時には飴を。

いろいろと試してみて下さいね。


キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
スマイルルーム
あさくらゆかり

プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る