FC2ブログ

Q、あいさつをしません

Q,子供がよその人に挨拶をしないのですが・・・。


◆模範解答

まずはお子様に挨拶させようとはせずに、周囲の大人が挨拶をしているところを示して見ることいいでしょう。みんなが挨拶をしてニコニコしている様子を見たり、自分が挨拶をされて気持ちが良いという経験ができれば自然と挨拶ができるようになります。「挨拶をしなさい」と言わずに、周りが挨拶をして声を掛けて様子を見ましょう。



◆スマイルルームの解答

このような場合、悩みの本質は「あいさつをしない我が子がどうこう」というよりも「親として、あいさつをしない子どもを連れているのが恥ずかしい」ということでしょう。「親に恥をかかせないで」ということなのではないかと推測します。
 
そもそも大人の挨拶にはいろいろな意味がありますが、一番初めにくる意味付けは「敵意は在りません」と言うことを示していること、ではないでしょうか。その方がそこから先の物事をスムーズに進めやすいからです。

子供の場合もまったく同じです。子供は大人が思っているよりもはるかに頭の中は大人です。私は、子供の頃に、子供に関する事件について専門家と称する大人が、テレビの中でいろいろと言っている事に違和感がありました。そのズレが気持ち悪かったものです。子供と大人の思考回路はそれほど変わりません。大人が挨拶をする理由を子供の理解できる範囲で説明すればいいのです。「挨拶をすればよい子だと思われるし、その方が得だから」などといっても良いのです。その方が子供にはわかりやすいと思います。

時折、必要以上にお行儀がよく、ハキハキあいさつする子に出会うと、「ああ、親に言わされているんだなあ」と思うことがあります。それよりも大人が挨拶する理由をわかりやすく話したほうがはるかにその子のものになります。

子供は純白の天使なんかじゃなくて、まだあまり知恵が備わってない大人です。



キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
子育て育児電話カウンセリング
スマイルルーム
菊本裕三

プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る