FC2ブログ

Q,買って買ってと駄々をこねる

Q,買い物に行くと、オモチャやお菓子を欲しがり、買わないと大声で泣きわめきます。この場合、どう対処すればよろしいですか?

◆模範解答

全てが思い通りにならないことを教えるチャンスです。買い物に出かける前に「今日はオモチャは買わない」と約束してから出かけましょう。それでも見れば欲しくなるのが子供です。いつものように「これ買って」と言ってきます。「今日は見るだけ、買わないって約束したでしょう、今度買ってあげるね。」と言ってみてはいかがでしょう。子供にしてみれば今まで買ってもらっていたから、いろいろ抵抗してきますがここは親の我慢のしどころです。何度か繰り返すことによって、お子様もわかってくるようになるのではないでしょうか。また、お菓子を買う場合でも「一つだけよ」といったルールを設けておくのも良い方法です。子供が欲しいものをねだって泣きわめいていると親はひるんでしまうかもしれません。でも、心を鬼にしてルールを通しましょう。そうやって我慢できたら、本当に欲しいものをもらえた時の喜びは、ずっとずっと大きなものになるはずですから。


◆スマイルルームの解答
  
模範解答は、大筋ではそれほど間違っておりませんが、なんとなく綺麗過ぎた答えで手元によってこない感じがします。

こどもは約束なんか欲しいものの前ではすっかり忘れてしまいます。「今度買ってあげるね」というのも何度か使っているうちに、「今度は無いんだな」と子供なりに見破ります。
  
子供が欲しいと言った場合
「買わない」
この一言で充分です。「これ買ったら、今日のおかずのたまねぎが買えなくなるから」と現実的なことを言ってもかまわないと思います。
  
また、子供はあれほど泣いてグズって欲しがったお菓子でも、買ってあげると、一口食べてそのままほったらかしで「もう食べないの」と聞くと「まずいから」で終わらせたりします。あれほど欲しがったのにです。おもちゃもまた然りです。

子供が物を欲しがった場合、買えるときには買ってあげて、買えない時には買わない。これで良いです。買えないときはその理由を大人に話す良いに伝えてかまいません。

実際の行動としては、そのときの状況で買ったり買わなかったりで良いと思います。そう言うと、「買ったり買わなかったりで、子供が混乱するしつけに一貫性がない」などと言って、親の気持ちがそんなにブレてはいけないなんてことを言う人がおりますが、ブレて良いんです。ぶれますよ実際。買ってあげるときも、「うるさいから今日は買っちゃう」でもかまわないのです。

日常や現実は白か黒かのどちらかではありません。いろいろな時があって良いのいです。

本当に欲しいものって、幼い子供にはまだわかりません。例えば自転車などは大きくなってきたら欲しいと言うより、必要だから買います。

模範解答の最後の1行は、かなり妄想的です。




キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
子育て育児電話カウンセリング
スマイルルーム
菊本裕三

プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る