FC2ブログ

ADHDの彼⑤「僕のどこが好き?」

月曜日の朝は、決まってひどく荒れる 彼。
休み明けで、学校の束縛を、より強く感じるのかしら・・・

今朝も朝自習の時間から、喧嘩の連続、
身近な友達をけしかけては、とっくみあって暴れ、手に負えない。


3時間目の休み時間、何度目かの喧嘩に、さすがの私もキレた。
「もういやよ。今まで一緒に遊んだりおしゃべりしたり、
楽しかったけどもう君とは仲良くできない!」

無視を決め込んでその場を離れる。
ほどなく彼は近づいてきて、
なにごともなかったように話しかけてきた。

「なあに?そんなふうにしたってダメよ。
君のしたことは、ごまかそうとしたって消えないのよ。
お友達にきちんと謝っていらっしゃい」

・・・・めずらしく素直に謝る彼をみて、ちょっと拍子抜け。
それでも気をとりなおして、フォローする。

「私は君の良いところをたくさん知っているわ。
だけど、お友達と喧嘩ばかりしていたら、
君の良いところは全部消えて、マイナスになってしまうのよ。
それがもったいないと思っているの」

あさっての方を向いて返事もしない彼。
しばらくして、小さな声で聞いてきた。

「先生、僕のどこがいいと思ってるの?」
「優しくて、よく気が付いて、頑張り屋さんなとこ。
お友達に意地悪して嫌われるより、
人気者のほうがいいでしょう?」

「人気者なんて無理だよ」

「あら、努力してみたことあるの?」

「・・・・・・・
人気者じゃなくていいから。普通でいい・・」



今の彼には精一杯の目標のように思えた。


一日が終わり、
さよならのあいさつのあと、彼の耳元でささやいた。

「あんまりがっかりさせないでね。私、君に期待しているからね。」
「わかったよ」

そう言い残してランドセルをしょった彼の背中が、
教室から出て行った。





キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
子育て育児電話カウンセリング
スマイルルーム
あさくらゆかり

プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る