FC2ブログ

小学校高学年の子ども~第二反抗期~

小学校高学年になると、親と口をきかなくなったり、
親が言うことにいちいち反抗したりします。第二反抗期です。
第一反抗期と同じように、自立性、自主性、独立心が
育ってきた証拠です。


何か注意すると必ず返ってくる口答え…

母:「ゲームを止めなさい」
子:「……」
母:「もうずいぶんやってるから終わりにすれば」
子:「……」
母:「止めてって言ってるんだけど!」
子:「……」
母:「止めなさい!!」
子:「もう止めてるよ、なんですぐにキレるの?」
母:「ハア~?」

一時が万事こんな様子の第二反抗期真っ只中のわが子…
この頃、何を言っても一度で「はい!」と言ったことがありません。
分かっていても、こっちも毎回ヒートアップして、ついつい
怒鳴り声をあげてしまいます。

自主性、独立心の現われなのだから
余裕をもって見守るべきだということは分かっていても、
感情的になってしまいます。

でも、それはずっと続くものではありません。
時期が来れば落ち着きます。(多分、きっと…)
暫くの辛抱です。
半年、いや一年後には「あの頃はなんだったの?」
と思えるくらいおとなになっていることでしょう。


反対に、「反抗」が表に現われない場合は注意が必要です。
自分の気持ちを内に秘めてしまう子どもは、
心の中で何が起きているのか分かりにくいので、
子どもの様子に注意して、
ちょっとした変化に気づいてあげてください。


勉強や友人関係それから恋愛のことなど、悩みが増えるお年頃です。
返ってくる言葉は少なくても、できるだけ親から声をかけて、
会話のチャンスを増やすことも大切だと思います。





キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
子育て育児電話カウンセリング
スマイルルーム
佐々木ゆい


プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る