赤ちゃんの個性に応じた接し方

赤ちゃんにもは生まれたときから個性があります。
音などの刺激に対する反応のしかたや、
活動的か、気分が安定して落ち着きがあるかなど、
生まれたときから違いがあるのです。

この違いは気質とよばれています。
気むずかしい、気性が激しい子がいる反面、反応があまりなく、
ほとんど泣かない赤ちゃんもいます。

このような赤ちゃんはサイレント・ベビーと呼ばれ、
大きくなってから他動などの問題を起こすことがよくあります。

また、気性の激しい赤ちゃんも周りのおとなの扱い方で
生まれつきもった気性の現れ方が大きく変わることもあります。
子どもが泣き叫ぶ、異常に怖がるなどの激しい反応をするときは、
優しい気持ちをもって抱っこしてやり、
気持ちを落ち着かせることが大切です。


「こっちを向いて!」とせがむ赤ちゃんには
すぐに応じてあげることが重要です。
言葉を話す前の子どもは、
まなざしや仕草でしか自分の思いを示すことができないので、
おとなはそれを見過ごさないよう注意が必要です。
小さいときにそれに応えてあげないと、わざといたずらを
したりする「注意をひく行動」をするようになります。




キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
子育て育児電話カウンセリング
スマイルルーム
佐々木ゆい

プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る