FC2ブログ

ことばの理解が遅く、会話をすることがむずかしい

ことばの遅れ

子どもが自閉症ではないかということに、周囲の大人が気づく
きっかけとして最も多いのが、ことばの問題です。
「3歳になったのに、まだことばが出てこない」
「自発的に何かを話そうとしない」など、言語の遅れを親が
心配して、健診や医療機関で相談した結果、自閉症とわかる
ケースです。

ことばの障害の程度には個人差があり、ふつうの子どもよりは
遅れるものの、やがて少しずつ話せるようになるケースもあります。
一方、ことばを発することなく大人になり、ずっと人と会話をしな
いまま過ごす人もいます。

なぜ、ことばが出てこないのか…
それは、自閉症の子どもが人に興味がなく、かかわろうとしない
ことと大きく関係しています。

自閉症の子どもは、自分のまわりにいる人とコミュニケーション
をとりたいという気持ちにならないために、その手段である
「ことば」を覚えたいという欲求もわかないのです。

自閉症の子どもはことばを使おうとしない

*赤ちゃんの頃からお母さんがことばかけをしても反応しない
*簡単な単語であっても、意味を理解できない。
*質問に答えたり、人の話に同調したり、反論したりすることが
 ない
*とってきてほしいものがあるときなどに、指さしをしないで、
 「クレーン現象」といって、相手の手をつかんでその場所へ
 もっていく動作をする子もいる

クレーン現象

自閉症の子どもは、指さしをしたり、欲しいものがあるとき
ことばで「あれとって」と言うことはありません。その代わり、
他の人の手をつかんで、とってきてほしいもののある場所へ
もっていきます。これを「クレーン現象」と言います。
他の人の手を「人の一部」とはみなさず、道具のように使う
ことからこの名がついています。

図解よくわかる自閉症
ナツメ社



キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
子育て育児電話カウンセリング
スマイルルーム
佐々木ゆい

プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る