LDの子ども~こんな工夫をすると子どもは理解しやすい~

< 読 む 時 >
*文字をおいやすいよう、拡大したり、行間を広げたりする。
*カード等を利用し、一行だけが見えるようにする。
*指で押さえながら読む。

< 聞 く と き >
*顔(目)を見たり、方に手を置いたりして注意をひきつける
 工夫をする。
*ことばと同時に動作や絵や写真などを提示する。
*復唱したりメモをとったりする。
*注意が集中するよう、座席や話す人の位置を工夫する。

< 書 く と き >
*手がかりとなる一画のポイントになる部分を書いておく。
*文章や文字を薄く書いたものをなぞる練習をする。
*マス目を大きくする。
*ひらがなが書けない場合、漢字やカタカナから書くように
 指導してみる。
*声に出して読みながら、書くようにうながす。
*漢字の書き順をていねいに教え、書き方と形を覚えさせる。
*漢字をへんやつくりに分けて、漢字のつくりを意識させる。

< 計 算 す る と き >
*筆算の位ごとにマス目を色分けしてみる。
*繰り上がりの数字を書く小さな枠を用意する。
*問題数を減らす。
*文章問題は、絵などを使って「ことばの式」で表してみる。

< 話 す と き >
*「話したい」という気持ちを大切にする。
*絵カード、単語カード、ジェスチャー等を活用する。
*子どもの話の内容を聞き取り、足りない部分を補ってあげて
 話したいことをまとめてあげる。
*話しやすい話題を取り上げ、話す機会を増やしてあげる。





キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
子育て育児電話カウンセリング
スマイルルーム
佐々木ゆい

プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る