ペアレントトレーニングの具体的な対処法

前回のペアレントトレーニング①で子どもの行動を三つ
に分けるというお話をしました。
今回は、その具体的な対処法をご説明します。


具体的な対応法


<増やしたい行動>
例:現在出来ていて続けて欲しい行動
あいさつができる、ありがとうと言える、朝一人で起きる
歯磨きをする、食卓にお皿を並べるなど

<行動への対応>
肯定的注目
(褒める、認める、ありがとうと言う、喜ぶ、
興味・関心を示す)

好ましい行動を始めようとした時、しているとき、終わった時
25%できたら褒める。どの行動を褒めているのか子どもにはっ
きり分かるように(具体的に)

<減らしたい、好ましくない行動>
例:かんしゃく、泣く、わめく、すねる、待てない、口答え
へりくつを言う、指示にすぐ従わない

<行動への対応>
「無視→→待って→→褒める」の組み合わせ

減らしたい行動には注目をそらす行動を無視をして→待って
→その行動を止めたら即座に褒める。無視のしっ放しはしない。
無視は褒めるチャンスを持つための方法。
子どもを無視するのではなく行動を無視する。

<許しがたい、してはいけない行動>
例:自分や他者への暴力、物を壊す、投げる、唾を吐く、
暴言をはく、道路に飛び出すなど

<行動への対応>
警告して制限と罰(ペナルティ)

罰を与える前に警告をする。それでも従わない場合に
断固とした真剣な態度で止めさせる。罰は子どもが行動の
結果としての責任をとること。特典(好きなこと・楽しみ)
を失う。親が心置きなく取り上げられ、実行可能なペナルティ
を与える(好きなテレビを10分減らす・その夜は本を読んで
あげないなど)短時間取り上げる。
計画している家族旅行など大きな楽しみや先のことは取り上げ
ない。

子どもの協力を引き出す(指示に従いやすくする)

*CCQ(Close・Calm・Quiet) 
子どもに近づいて、視線を合わせて(Close)→→
 穏やかに(Calm)→→静かに落ち着いて(Quiet)
 指示を伝える。

*指示は短く具体的に
 今、何する時間だっけ?のような謎かけや○○しないの?
 といった言い方はしない。

*予告をする
 子どもに気持ちの準備をする時間を与えることで邪され
 ないので、子どもは指示に従いやすくなる。
例:「あと10分でゲームは終わりにしなさい。」
   5分経ったら「あと5分よ」
   5分経ったら「さあ、終わる時間よ。」
   子どもが応じないときには制限(後述)を設ける。

*○○したら○○できるという取り決め
 指示された行動をすると特権が与えられる。
 例:(テレビを消させたい)…「テレビを消す時間よ」と
   CCQで2~3回繰り返してみる。
   従わない時、「自分で消す?それともママが消す?」と。
   どちらもいやと子どもが言った時には
   「ママが決めます」と言って親が消す。
   自分で消したら褒める。

*ブロークンレコード
 子どもが指示に従いたくなくて、あれこれ言い訳や言い逃れ
 をしてきたら、壊れたレコードのように普通の声で(怒りを
 抑えて)同じセリフを子どもが従うまで繰り返す。
 しぶしぶでも従ったら褒める。(どうしてさっさとやらない
 のなどと言わない)

*より良い行動の表(BBCチャート)つくり
 一日のうちで最も悶着がおこり、時間通りにことが運ばない
 時間帯を決めます。
 朝起きて学校にいくまでか、夜、宿題をして就寝するまで
 など。親がいちいち言わなくても子どもに「して欲しい行動」
 を6から7つの行動を選びます。それを具体的な行動を項目
 にして表をつくり、子どもの好きなところに貼ります。行動
 ができた時にはシールを貼るなどして印をつけます。
 一週間でシールがいくつ獲得できたかで褒美が与えられます。
 シールやご褒美の品物をただ与えるだけでは効果はありません。
 一日の終わりに一緒に表を見て、できなかったことは触れずに
 できたところだけ褒めるといったことがポイントです。
 BBCチャートを子どもは喜んで取り組みます。視覚に訴える
 ので子どもは思い出しやすいと言えます。





キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
子育て育児電話カウンセリング
スマイルルーム
佐々木ゆい
 

プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る