登園拒否④幼稚園児の場合

ゴールデンウイークの谷間にあたる明日、明後日、
せっかく慣れたところに連休がはさまり、再び泣きながらの登園に逆戻り。。。
よくある話です。
泣いて登園している子のお母さんは明日ドキドキですね。

幼稚園勤務3年目に担任したのは、4歳児38名
初日から6人泣いて登園してきました。
二人までなら、両手に抱えてなぐさめることができますが、
6人ともなると2本の腕ではとうてい無理です。
副担任や事務の先生は、もっと手のかかる3歳児クラスにつきっきりで、
とても4歳児クラスの私のクラスにまで手はまわりません。
それでも子供はたくましいもので、なんとか順応していくものです。

泣いていた子の一人、ゆきちゃんが一年生になったとき、
当時の話を聞く機会がありました。
泣いていたときは、ただただお母さんが恋しくてしかたがなかったそうです。
ゆきちゃんは、幼稚園を卒園するときに
みんなが書いてくれたサイン帳にこう書いてくれました。
「私が泣いているとき、先生が”今日の朝、何を食べてきたの?”って
聞いてくれたことが一番嬉しかったです」

本当は、泣いているゆきちゃんを抱きしめて
もっとゆっくり話を聞いてあげたかった。
ずっとそう思っていた私は、せつなくて
でも私がゆきちゃんを気にかけていたことは
わかってくれていたんだ。・・・。
そう思うと涙が出そうになりました。

先日、同窓会でかつての教え子たちに会った時
朝よく泣いていた子たちに話しを聞いてみました。
「幼稚園が嫌なんじゃなくて、家が良かっただけだったんだと思う」
「母親に会いたくて泣いていただけだったのかな~」
じゃあ、幼稚園で泣いているときは、誰に何をしてほしかった?
どうしたら、泣き止むことができたの?とたずねると
「なんにもしてほしくなかったんだと思う。母親にに会いたかっただけだから」

当時私も担任としてかなり悩んだり自分を責めたりしていました。
それも今では笑い話。
必ずそういう日が来ます。
だから明日あなたのお子さんが泣いても大丈夫!!
笑顔で送りだしてあげてくださいね。




キキウェルメンタルヘルスサービス
子育て育児電話悩み相談室
子育て育児電話カウンセリング
スマイルルーム
あさくらゆかり

プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る