ADHDの彼①出逢い

平成19年4月に学校教育法の一部が改正され、「特殊教育」が「特別支援教育」という名称に変わりました。名称だけでなく内容も大きく変化しています。そのひとつに「援助が必要な児童」を特殊学級でなく、普通学級の中で支援していく、という取り組みがあります。これは私が、「援助が必要な児童の専属=学級支援員」として一年間奮闘したお話です。学級支援員として公立小学校に勤務することになった私。専属となるのは2年生の男の...

続きを読む

ADHDの彼②青あざだらけ

多動気味で、常に攻撃的な彼は、気にいらないことがあるとき、あるいは遊び半分で友達をたたいたり 殴ったり つねったりします。許せない行為はいろいろあるけれど、他人を傷つける行為は一番初めにやめてほしい。だから、逃げる彼をつかまえて、謝るまで逃がさない。両腕をつかまえてじっと顔をのぞきこんで説得しますが彼も逃げ出したくて必死ですから、私の腕には、彼の指の跡・脚には蹴られたあとが・・・(泣)そんな私の話...

続きを読む

ADHDの彼③激怒

「バーヵバーヵ、、お前それでも人間か?」「うざいんだよ、消えろよ、地獄に落ちろ」その日はいつになく荒れていた彼。朝自習の教室で、クラスメイトの悪口を叫び続けています。時には友達を名指しで攻撃し私に注意されてもその10秒後にはまた別の子を名指しで。教室を歩きまわりながら、手当たり次第に、いろいろな子の鉛筆や消しゴムをわざと落としたり投げたり隠したり・・・。授業が始まると今度は後ろの席の子の机の上に腹...

続きを読む

ADHDの彼④先生キスして!?

このところ、私、彼ととても仲良しなんです。「もう~~ほら、こっちにいらっしゃい。授業中、ヒマだからって、お友達にちょっかい出さないの!そんなことするなら、私のひざにいらっしゃい♪」椅子に座ったまま手招きすると、喜んでひざに乗ってきたり一緒に折り紙することを喜んだり、話を聞いてもらえることが、嬉しいようで。育てなおし?小学生の彼の顔が、園児のように幼く見えてくる。ADHDでも、そうでなくても、いい。自分...

続きを読む

ADHDの彼⑤「僕のどこが好き?」

月曜日の朝は、決まってひどく荒れる 彼。休み明けで、学校の束縛を、より強く感じるのかしら・・・今朝も朝自習の時間から、喧嘩の連続、身近な友達をけしかけては、とっくみあって暴れ、手に負えない。3時間目の休み時間、何度目かの喧嘩に、さすがの私もキレた。「もういやよ。今まで一緒に遊んだりおしゃべりしたり、楽しかったけどもう君とは仲良くできない!」無視を決め込んでその場を離れる。ほどなく彼は近づいてきて、...

続きを読む

ADHDの彼⑥孤立

休み時間に 一緒に遊ぶ友達がいない。グループを作る時 いつもあぶれてしまう。いつかそんなふうになるかもしれないとは思っていたけど、今、それが現実となった。はじめて彼に会ったのは3ヶ月前。その頃から彼のクラスメイトに対する暴力、暴言はひどかったけれど周りの子供たちは、そんな彼をなんとか受け入れているようにみえた。おませな女の子たちは、我関せずとばかりに彼を避けていたけれど男の子たちは彼と普通に接して...

続きを読む

ADHDの彼⑦代償

ある日の校庭で。自由にグループを組みましょう、との指示に、動き出す子供たち。ほどなく彼が私に寄ってくる。「先生、だれも誘ってくれない・・・」とりあえず「そう・・・」と返して、次の彼のセリフを待つ。「・・・先生と組んでもいいことになれば いいのにな」と彼。「そうね・・・私もそう思うけど・・・それはできないわよねえ・・・」一人でうろうろし始めた彼。その頃にはすでにだいたいのグループは決まってしまってい...

続きを読む

ADHDの彼⑧涙

図工でカッターを使うことになった。はじめて扱う、大人っぽい道具。どの子も期待しながら、真剣に担任の説明を聞き、慎重に使い始める。でも彼は 予想どおり、勝手に使いはじめるわ、危険な使い方をするわ、、、でこれまた 予想どおり、担任に叱られた。おへそを曲げて、不機嫌になり、周囲の子供たちに八つ当たりをする彼を私は廊下に連れ出す。「絶対にあやまらない!」と私に体ごとぶつかってくる彼を諭す。わかるよ、君の気...

続きを読む

ADHDの彼⑨エール

クラスの暴君だった彼が 仲間はずれになって 久しい。はじめのうちは、ひとりぼっちの彼と、休み時間のたびに 一緒に鉄棒やボール投げをして すごしていたけれどずっとこんな状態では 彼のためにならない。つらくても、自分のしてきたことを振り返りながら、これからのことを考えなければ。昼休みが始まるチャイムが鳴る時は、わざと彼の前から姿を消すようにした。友達に無視されている彼は、私と遊びたがるから。一緒に遊べ...

続きを読む

ADHDの彼⑩衝撃

先週の図工の時間に「カッターは正しく使う」と約束したのに・・・・。彼は目を離すと何をするかわからない。学校の判断により、私が彼の監視員兼専属の指導員として呼ばれていた。授業中はもちろん、休み時間から、彼が下校するまで、私は彼から目が離せない。まあ、それが仕事なのだから、よいのですが、うっかりトイレにもいかれない。それでも、死角はあったのだ。彼の登校時間は午前8時過ぎ。私の勤務は午前8時半から。3日...

続きを読む

ADHDの彼⑪その後

教室でカッターを振りかざし、学校中の問題となった彼。校長室で、彼、彼の両親、数名の教師とで話し合いがもたれ、とりあえず収束しました。(詳しくはプライバシー保護の観点により割愛させていただきます)身体を張って、ADHDの「彼」と向き合い私自身が登校拒否の一歩手前になり、悩み苦しみながらも、くらいついていったこの半年・・・ようやく「彼」との関係も深まり遠くからのアイコンタクトが通じるようになりました。「先...

続きを読む

ADHD⑫退職決定

ADHDの彼と向き合って1年。今月いっぱいで退職することになりました。職員室の机と椅子。。。私の席ではなくなるのかと思うと、涙が出そうです。たぶんもう二度と会うこともない子供たち。鬼ごっこにかくれんぼ、たわいないおしゃべりをしながらこの季節はもう二度とめぐるり来ることはない・・・なんてセンチな気持ちになったりします。。。ADHDの「彼」にはまだ話していません。私自身が泣いてしまいそうだから・・・・・キキウ...

続きを読む

プロフィール

あさくらゆかり

Author:あさくらゆかり
幼稚園教諭・保育士
小学校特別支援員を経て
2007年より心理カウンセラーとして活動。
(株)kikiwellが運営する 
キキウェルメンタルヘルスサービスに所属。
電話カウンセリング8,000件
メールカウンセリング3,000件の実績。
マスコミ出演多数。
もっと詳しいプロフィールはこちら
http://kikiwell.com/staff/a_01.html
(キキウェルメンタルヘルスサービスのHPにジャンプします)

コンテンツ

ページの先頭へ戻る